右肩痛からの復帰を目指す中日松坂が12日、ナゴヤ球場で練習し、次回のブルペン入りでの投球練習再開に向け意欲を示した。

「自分の中では(捕手を)座らせたいなという気持ちはある。今のところその予定」と前向きに語った。これまではブルペンで捕手を立たせて投げるにとどまっていた。この日は遠投などで調整。今後について「何度か座らせて投げ、問題なければ打撃投手をやらせてもらおうかなと思っている」と話した。