自由な野球が身上の浦和が、東京神宮に敗れたとはいえ、準優勝を飾った。「きょうは決勝という雰囲気で、いつもの野球ができませんでした」と山田慎之介主将は、前半で失策などが続いた決勝を振り返った。

5点をリードされたが、4回1死後、6番本田、7番荻田、8番の途中交代で登板した中林が3連打。2点を返して反撃ムードだったが、5回以降相手の佐山投手にかわされ、そのまま終戦を迎えた。

品田聡一監督は「きょうは打たれ過ぎましたね。うちは3年生35人全員が全国大会を1度は経験して、高校野球につなげてもらう」と、春の全国選抜大会と、次の日本選手権ではメンバーが変わる予定。山田主将は、その日本選手権に向け「大舞台で、当たり前のことを当たり前にできるように、これからの練習でみせていきたい」と、先を見据えていた。