社会人野球を統括する日本野球連盟は6日、第90回都市対抗大会(13日開幕・東京ドーム)を記念して「平成のベストナイン」を発表した。都市対抗や国際大会などで顕著な活躍を見せた選手が選考対象で、1992年バルセロナ五輪から3大会連続出場の杉浦正則氏らが選ばれた。

ベストナインは次の通り(所属の表記は現役当時)。

投手 杉浦(日本生命)▽捕手 大久保秀昭(日本石油)▽一塁手 西郷泰之(ホンダ)▽二塁手 工藤賢二(東芝)▽三塁手 若林重喜(日本石油)▽遊撃手 伊藤祐樹(日産自動車)▽外野手 高林孝行(日本石油)林稔幸(SUBARU)長野久義(ホンダ)▽指名打者 池辺啓二(JX-ENEOS)