トヨタ自動車(豊田市)は0-3で終盤を迎えても諦めていなかった。8回、樺沢健内野手の適時打で1点を返すと、沓掛祥和内野手が満塁本塁打、多木裕史外野手も一発で続き一挙6点を奪った。

投手交代後の1死満塁、沓掛が「走者をかえして後ろにつなげよう」と打った初球は、左翼席に吸い込まれた。それまで無安打だったが「最後に大事な場面で打てれば、それも仕事」とうなずいた。頼れる4番の一振りで、3年ぶりの優勝へ向け好スタートを切った。