メキシコは6投手の無失点リレーで2次ラウンド初戦を白星で飾り、1次ラウンドから無傷の4連勝とした。小刻みな継投策が実ったカストロ監督は「選手への信頼が生かされた」とうなずいた。

2得点にとどまったものの、ナバーロ(阪神)が6番に入った打線も力強い。五回に先制本塁打を放ったソリスは「東京五輪に出られるように努力を続けたい」と表情を引き締めた。