広島岡田明丈投手が契約交渉に臨み、1100万円減の年俸4400万円でサインした。今季はプロ4年目で最少の3試合の登板にとどまり、0勝2敗、防御率14・14と精彩を欠いた。

「最初につまずいて、挽回できなかった。悔しい思いがある」と話した。5年目で初めて未勝利に終わった薮田は900万円減の年俸2800万円で更改し「契約してもらえるだけでありがたい。しっかり貢献して期待に応えたい」と巻き返しを期した。先発に挑戦したアドゥワは現状維持の年俸2200万円でサインし「1年間1軍で戦力になりたい」と語った。(金額は推定)