日本ハムの新球場「北海道ボールパーク(仮称)」が23年に北広島市で開業することを受け、JR北海道は11日、市が設置を要望していた新駅の整備案を発表した。工事費は80億~90億円規模で工期は約7年を見込む。

ナイトゲーム終了後の混雑を想定してホームなどに余裕を持たせ、新駅始発の臨時列車を走らせられるよう引き上げ線も設置する。同社の島田修社長は「市が検討するためのたたき台。今後、関係者と協議し具体的な設備を検討したい」と話した。

設置を要望した北広島市が原則事業費を負担する「請願駅」のため、同市が今後、設置に向けた検討を進める。同日記者会見した上野正三市長は「民間事業者の参画を募り、市負担を軽減する」と述べた。開業には間に合わず、当面は既存の北広島駅を利用することになる。

JR北海道は今年6月、開業に備えて北広島駅のホームを延長するなどの改修計画を発表。新駅設置後は、JRを使う来場想定者数1万3500人のうち、4割が北広島駅、6割が新駅を利用すると見込んでいる。