プロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(25)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受けて陽性反応が出たことが26日、関係者の話で分かった。日本野球機構(NPB)の球団に所属する選手の感染は初めて。阪神は4月1日までチームの練習を取りやめ、選手やスタッフに自宅待機を指示している。

球団によると、藤浪投手は発熱やせきなどの症状はないが、数日前からトレーナーに「においを感じない」と嗅覚の異常を訴えていた。兵庫県内の病院で3月24、25日に診察を受け、医師の判断でPCR検査の受診が決まった。26日は兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で予定していたソフトバンクとの2軍練習試合を中止し、甲子園球場など球団施設の消毒を行った。

同投手の3月11日から25日までの2週間の行動を確認し、この間に一緒に食事をした選手の2人が味覚障害に似た症状があると申し出た。藤浪投手や症状を訴えた2選手と、ソフトバンクの関係者との接触はないという。

阪神の谷本修球団本部長は「地域医療の先生方とNPB、各球団と連携を取りながら適切に進めていきたい」と話した。

NPBの12球団は18日に広報担当者会議を開き、選手や関係者がPCR検査を受ける際に公表する方針を確認していた。

(共同)