新型コロナウイルス感染が確認された阪神藤浪晋太郎投手(25)と食事をともにしていた同僚の2選手が、コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たことが27日、関係者の話で分かった。感染者は計3人となった。

球団によると、藤浪投手の11日から25日までの2週間の行動を確認したところ、この間に複数の選手と一緒に食事をしていたことが判明。陽性反応が出た2人も食事をともにしており「味を感じない気がする」など、味覚障害に似た症状を申し出ていた。

藤浪投手は発熱やせきなどの症状はなかったものの、数日前からトレーナーに「においを感じない」と嗅覚の異常を訴えていた。24、25日に兵庫県内の耳鼻科と内科を受診。医師の判断でPCR検査を受け、陽性が確認された。

大阪府はこの日、新たに20~30代の男性3人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。3人の職業はスポーツ選手で、関係者によると阪神の選手とみられる。府の検査で確認された感染者は159人になった。

3人は18~22日に発症し、うち1人は発熱があるが軽症という。他2人は無症状。大阪府は3人について「同じ仕事に就いており、濃厚接触があったとみられる」と説明している。(共同)