大阪府は28日、新たに20~70代の男女15人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。15人のうち20代女性2人が、既に感染が判明している阪神の藤浪晋太郎投手(25)ら3選手と食事をしたことが分かった。

大阪府の保健医療室医療対策課によると、20代女性2人はともに23日から発熱、せき、呼吸苦などを訴えているが、症状は「軽症だと聞いている」という。食事をしたのは14日で、藤浪らとの関係性は「分からない」と言い、女性たちの職業については「調査中」とした。また、3選手のうち1人の同居家族の感染も明らかになった。

球団によると、藤浪と伊藤隼、長坂の3選手は14日に阪神の他の4選手、球団外の人物5人の計12人で大阪市内の知人宅を訪れ、会食に参加した。揚塩球団社長は27日の会見で「もう少し厳しく外出禁止という形で臨んでいた方が良かったのかなという反省がある」と話していた。

阪神は26日から活動休止で、選手たちは自宅待機となっている。なお、藤浪ら感染が判明した3選手は入院中。