広島ドラフト1位森下暢仁投手がマツダスタジアムで行われた全体練習でブルペン入りし、約80球を投げた。

投球の軸となる直球だけでなく、カットボール、カーブ、チェンジアップといった変化球の精度も高めた。「しっかりとした球を投げられているか確認した。けがをせず、開幕を待つ」と話した。