韓国プロ野球が8月から2軍戦に当たる「フューチャーズ・リーグ」の約20試合で「ロボット審判」を採用することが分かった。

4日、聯合ニュースが韓国野球委員会(KBO)の関係者の話として報じた。ストライク、ボールを自動的に判定するもので、21年はシーズンを通じて導入。1軍の試合では22年にも登場する可能性があるという。米独立リーグでは昨季、同システムが用いられた。