佐野が1点を追う8回に2盗塁を決めるなど足を生かして同点のホームを踏んだ。「しっかり自分のスタートを切れれば決まると確信して自信を持っていこうと思っていた」と喜んだ。

2死から四球を選んだT-岡田の代走として出場し、二盗と三盗を決めて一、三塁の好機をつくった。ここで一塁走者の二盗に合わせて本塁へ踏み出したのを見た捕手の三塁への送球が大きくそれ悠々と生還した。