世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は15日、来年9月24日~10月3日にメキシコで開催される野球のU-23(23歳以下)ワールドカップ(W杯)に、来年で24歳になる選手も出場できると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて1年延期されたことを受けての措置。日本など12カ国・地域が参加する。