関西学生野球連盟に加盟する京大が21日から活動を停止したことが23日、分かった。20日に硬式野球部員でない学生1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明し、大学が21日から全ての課外活動の停止を求めた。同連盟は8月9日に開幕予定の関西学生春季リーグ戦について、1校でも出場できなければ中止とする方針で、開催は不透明な状況になった。

京大は今月10日から制限付きで練習を再開。加盟6校全てが活動を再開したことで、同連盟は15日の臨時常任理事会で春季リーグ戦の実施を決めた。村山嘉男理事長は「来週初めにも、京大の練習再開のめどを聞いて判断する」と話した。(共同)