オリックスは腰の違和感を訴えていた育成ドラフト4位の釣寿生捕手(18=京都国際)が大阪市内の病院で検査を受け、第5腰椎分離症と診断されたと発表した。