阪神は25日、新型コロナウイルス感染防止のため、3月に甲子園球場と京セラドーム大阪で主催するオープン戦6試合の入場者数の上限を5000人にすると発表した。

甲子園は9、10日の広島戦、12、13日の西武戦、14日の巨人戦、京セラドーム大阪は20日のオリックス戦が対象となる。チケットは3月4日から一般販売し、座席は1席空けて、全席指定席とする。(共同)