プロ注目の関学大・黒原拓未投手(4年=智弁和歌山)は7安打2失点で完投勝利を挙げた。8回に2点を許して完封を逃したが、球威のある直球を軸に打たせて取り、最後まで崩れなかった。

「真っすぐの切れが良く、内外に投げ分けられた」。この日から無観客でリーグ戦が再開され「プロになることが目標なので、見てもらわないと始まらない。無観客でもできるのはうれしい」と感謝した。