青森山田が4-0で尼崎西をくだした。

1回、相手の送球がそれた間に桜庭千晃外野手(3年)が生還、四死球による押し出しなどで3得点を挙げ、初回から流れをつかんだ。

1回戦で課題とした守備では、先発の田中奏投手(3年)が好投。6回1/3を5安打無失点。野手も6回まで無失策と堅守を発揮した。中條純監督は「東北勢初の日本一に少しでも近づけるように1つ1つ勝っていきたい」と意気込んだ。