首位に立つ明大が9回に粘りを発揮して引き分けた。2点差を追うこの回、1点差として、なおも続いた2死一、三塁から、西山虎太郎外野手(4年=履正社)が右前打を放ち追いついた。田中武宏監督(61)は「(立大先発の)荘司君(康誠投手)に抑えられていたところをみんなで返した、という思いが感じられた」と振り返った。

先発したエース蒔田稔投手(3年=九州学院)は7回を被安打6、無失点と与えられた役割をしっかりこなした。降りしきる雨の中、7回は2死から3連続四球を出し、満塁のピンチを招いた。それでも最後は三振に仕留め、得点は与えなかった。「立大よりタフな試合に勝ってきた自負はある。明日からも荘司君より長くマウンドに立っていたい」と最終決戦にかける思いを語っていた。