立大は東大にサヨナラ勝ちし、2連勝で勝ち点を2に伸ばした。溝口智成監督(54)は「やれやれという感じでした。ただ、勝って課題を振り返ることができるのはいいこと」と話した。

2-1で迎えた9回に東大に追いつかれ、2-2で同裏へ。3四死球で2死満塁となり、道原慧外野手(4年=駒大苫小牧)が四球を選んで押し出しでサヨナラ勝ち。道原は8回2死三塁で、右中間を破る適時三塁打を放つなど4打数2安打2打点。3番に入った8日の東大戦でも3安打をマークし、打撃好調。プロ志望届を提出しており「いい結果が出ればいいなと思っている。(打撃が)小さくなっていたけど、監督のアドバイスで開き直って大きくなった。(3番で)余裕ができたことが、いい方向にいった」と話した。

ドラフト上位候補の右腕、荘司康誠投手(4年=新潟明訓)はリーグ戦では初めて戸丸秦吾捕手(2年=高崎健康福祉大高崎)とバッテリーを組み、キレのあるスライダーを軸に7回を被安打1の11奪三振。勝ち星はつかなかったが、試合をつくった。「スライダーがよくて、戸丸がうまく使ってリードしてくれた。力みなく投げられました」と話した。