札幌市が日本ハムの本拠地札幌ドーム(同市豊平区)の命名権を売却する方針を固めたことが26日、市への取材で分かった。早ければ年明けにも公募を始め、来年4月からスタートする。契約期間は5年で年間5億円程度を想定している。

 市によると、札幌ドームは2001年に開業。今後20年で暖房設備など施設全体の大規模な修繕や改修が必要となる見込みで、200億円以上かかるとみられる。このため、命名権の収益をその財源に充てる方針。

 札幌ドームは開業以来黒字を続けてきたが、日本ハムがクライマックスシリーズ進出を逃した本年度の総来場者数は約192万人(9月26日現在)で、昨年度の約308万人を大きく下回っている。

 [2010年10月26日11時17分]ソーシャルブックマーク