楽天の本拠地Kスタ宮城で2日、嶋基宏捕手(28)の本塁打を記念したプレートの除幕式が行われた。

 4月5日のロッテ戦で左翼に放った1号3ランは、今季から数メートル手前になった外野フェンス「Eウィング」と、従来のフェンスの間に落ちた。改修後の1号本塁打として、着弾点に嶋の名前入りプレートが設置された。嶋は「すごく光栄です。Kスタがある限り、名前が刻まれる。うれしいですね」と喜んでいた。