<西武4-3日本ハム>◇7日◇西武ドーム

 崩れ落ちそうになりながらもマウンドに立ち続けた大黒柱を、救うことはできなかった。日本ハム打線が涌井に9安打を浴びせるも、10残塁の拙攻。先制、中押しと理想的に得点したが、攻め切れず、すべて1点ずつを加えただけ。大量得点のチャンスをつぶした。1安打1打点に1犠打も決めた森本は「点を取れる時に取っておかないとこういうことになる」と後悔した。

 低めのフォークを見極め、待球で疲労を待つプランで涌井を追い詰めた。立ち上がりをとらえ、初回に稲葉の先制打、2回には森本の左犠飛でダルビッシュを援護した。5回には小田の中前適時打。だが梨田監督が「攻略したと言えば、した」という消化不良のまま痛恨のフィナーレを迎えてしまった。

 8日から2日間空き、今季唯一の函館シリーズのソフトバンク2連戦が控える。森本は「反省するところはして、引きずらないでうちらしく切り替えていく」と前を向いていた。