<離島甲子園>◇長崎・壱岐

 大会最終日には、村田兆治氏率いる「まさかりドリームス」が参加全チームを対象に野球教室を開催した。

 今回は袴田英利氏、水上善雄氏、西村徳文氏(以上、元ロッテ)本西厚博氏(元オリックス)森忠仁氏(元阪神)西崎幸広氏(元日本ハム)が指導に当たった。キャッチボールやトスバッティング、走塁など野球の基本を約3時間に渡り熱血指導。トスバッティングでは急きょ、村田氏との“真剣1球勝負”が行われ、選手たちは衰えない剛腕に目を丸くした。村田氏は「選手たちに『我々も本気なんだ』という姿勢を見せることが大切」と説明。参加選手も懸命に聞き入っていた。