全国の離島に暮らす中学生が参加する「国土交通大臣杯第8回全国離島交流中学生野球大会」(通称・離島甲子園=日刊スポーツ後援)の決勝が27日、長崎・五島市で行われ、地元福江中が久米島イーグルス(沖縄)を1―0で破り、初優勝を飾った。

 真崎省多主将(3年)が勝利を呼び込んだ。0―0の6回2死二、三塁の打席で、久米島イーグルス・金城隼斗投手(同)の暴投を誘い、三走の橋本義行内野手(同)が生還。これが決勝点となり、地元の大応援団の前で、初優勝を決めた。

 真崎は先発で久米島イーグルス打線を7回完封。「単独チーム最後の大会で優勝できてうれしいです。チームの雰囲気が良かったので、自分の力を精一杯出せました」と喜んだ。