ボクシング6階級制覇王者マニー・パッキャオ(39=フィリピン)が、1月19日に米ラスベガスでWBA世界ウエルター級王座の初防衛戦に臨む。

対戦する元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(29=米国)と、19日に米ニューヨークで会見して発表した。

7月にマレーシアで、ルーカス・マティセー(36=アルゼンチン)を7回TKOで下して王座返り咲いたパッキャオは「まだボクサーであることを証明したい」と、米国で2年ぶりの試合へ意欲満々だ。

これに勝てば、5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)と15年以来の再戦プランが再浮上する可能性もある。パッキャオも9月に来日した際に2人で話したとし、メイウェザーも「復帰して戦う」とSNSに投稿していた。

パッキャオは「ブローナーも侮れない。メイウェザーの話をする前にまずはこの試合だ」とコメントした。