WBOのバルカルセル会長は選手の安全面を考慮し当日計量の導入を5日までの総会で審議することを明らかにした。

前日計量から大幅増加などによる危険性や公平性を踏まえて、過去の試合のデータを参考に議論する。「(リミットから)8%や10%など、どれだけ戻すのが適切か話し合う」と述べた。主要4団体ではIBFが当日計量を実施している。また、世界戦で体重超過があったルイス・ネリ(メキシコ)について「受け入れないことを含めて考えている」とWBOの試合に出場させない可能性を認めた。