世界ボクシング機構(WBO)は5日、フライ級で3度目の王座防衛を果たし、4階級制覇を目指してタイトルを返上した田中恒成(畑中)をスーパーフライ級でランキング1位とし、一定期間の間に王者に挑戦できる権利を持つ指名挑戦者として認めると発表した。実績を評価した。現在のWBO同級王者は井岡一翔。

4日に記者会見した田中は対戦したい選手の一人に井岡の名前を挙げていた。(共同)