ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級統一王者井上尚弥(27=大橋)は26日(日本時間27日)、米ラスベガスで10月31日(同11月1日)に行われるWBA2位ジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)との防衛戦に向け、契約するトップランク社のジムで約2時間の練習を行った。

完全休養日にあてた前日から一夜明け、この日は最高気温15度と、現地入り後、一番の冷え込みとなった。試合週に入り、練習前には、現地メディアからの取材にオンラインで対応。プロモーションの一環として、グローブ30個にサインをしたという。

井上は自身のツイッターで「MAX鈴木さんの大食いを見る時期になってきた! 笑 お腹いっぱい。笑」とコメント。フードファイターの力を借り、世界が注目するラスベガス初陣に向け、最後の減量に入っていく。

一方のモロニーは同日、オンライン記者会見に臨み「人生最高の日になると自信を持っている」と意欲を示した。複数の練習パートナーに井上尚の動きを模倣してもらいながら充実した調整ができているとし「(周囲の見方が)間違っていると証明したい。彼も人間だ。誰にだって弱点はあるし、倒すことができる」と話した。

◆テレビ放送 WOWOWは11月1日午前10時半からWOWOWプライムで生中継。