メインイベント(第8試合)でGHCジュニアヘビー級タッグ王座戦が開催され、王者組・YO-HEY&タダスケが、挑戦者組・HAYATA&Eitaと対戦。

タダスケが13分19秒、グッドルッキングパイルドライバーでEitaから3カウントを奪って、3度目の防衛に成功した。

試合後タダスケが、ダガをリングに上がらせて、同選手の持つGHCジュニア王座への挑戦を表明。するとダガは「挑戦を認めるかわりに、オレと小川良成のタッグで、お前たちのGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦させろ」と“逆挑戦”を宣言。

その後、ダガはバックステージのYO-HEY&タダスケを襲撃するなど、新たなタイトル獲得へ意気込んだ。