ボクシングIBF世界フェザー級タイトルマッチ(12回戦、米ニューヨーク州ベローナ)の前日計量が1日、米ニューヨーク州ベローナで行われた。同級1位で挑戦者の阿部麗也(30=KG大和)は57・0キロ、王者のルイスアルベルト・ロペス(30=メキシコ)は56・8キロでパスした。

世界初挑戦で奪取を狙う阿部は「順調です。日本と変わらない感じで調整できた」と安堵(あんど)の表情。「あとはやるだけ。勝って日本に帰る」と力を込めた。3度目の防衛戦となるロペスは「KOにせよ、12回を戦うにせよ、私が勝つ」と気合十分だった。