<新日本:ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア>◇28日◇東京・ディファ有明◇900人

 ザ・グレート・サスケ(41)と獣神サンダー・ライガーが12年8カ月ぶりにシングル対決、サスケが17分35秒に卍(まんじ)固めで勝った。98年9月にライガーのIWGPジュニア王座に挑戦して、腕ひしぎ逆十字固めに敗れたリベンジを果たした。

 関節技、空中戦の応酬から、最後はサスケがコーナーポストから場外のライガーにセントーン・アトミコ。リングに戻りミサイルキックを右腕に浴びせ、腕固めから卍固めでフィニッシュした。

 これでサスケはジュニアリーグ戦開幕2連勝だが、ハードな試合展開に記憶喪失状態。「ほとんどノックアウト状態で、記憶がない。久々のライガーさんはすごかった。それに尽きます」と話した。