大相撲夏巡業が10日、茨城・日立市で行われ、左足首などの負傷で休場していた横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)が横綱昇進後初めて巡業に参加した。

 名古屋場所を途中休場して以来となる公の場。待ちわびたファンから大歓声を浴び、四股やテッポウなど軽めの運動で調整した。稽古中に白鵬に声をかけられ、笑顔で答える場面もあった。白鵬は「力強い味方が来ましたね」と歓迎しつつ「肌ツヤがいいね。どこにも出てないから。私はむけた」と巡業中の日焼けで、皮がむけた肩を見せた。遅れを取り戻したい稀勢の里だが「やれることをやるだけ」と焦りはない。