日本相撲協会は7日、東京・両国国技館で審判部が取組編成会議を開き大相撲秋場所(9日初日、両国国技館)の初日と2日目の取組を決めた。

8場所連続休場中の横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)は初日に東前頭筆頭勢(31=伊勢ノ海)、2日目に小結貴景勝(22=貴乃花)と対戦する。

連続優勝を狙う関脇御嶽海(25=出羽海)は初日に東前頭3枚目正代(26=時津風)、2日目に西前頭2枚目千代大龍(29=九重)とぶつかる。

十両以上の休場者はなし。初日、2日目の三役以上の取組は以下の通り。

【初日】(左が東)

遠藤-逸ノ城

御嶽海-正代

千代大龍-栃ノ心

豊山-高安

豪栄道-魁聖

稀勢の里-勢

玉鷲-白鵬

鶴竜-貴景勝

【2日目】

千代大龍-御嶽海

玉鷲-豪栄道

栃ノ心-豊山

高安-逸ノ城

魁聖-鶴竜

貴景勝-稀勢の里

白鵬-勢