元横綱朝青龍のおい、西幕下4枚目豊昇龍(19=立浪)が三役経験者との初対戦を制し、2連勝とした。

東幕下6枚目のベテラン常幸龍に立ち合いで左から張られ、右を差されたが、冷静に対応。バランスを崩さず、寄り倒した。

「張ってくるかな、と思ったら張ってきた。押して、下からいこうと思っていたけど、差されてしまった。焦ったらダメと思った。中途半端な相撲でしたが、最後まで集中してとれてよかった」。

小結を経験したことがある実力者は「力が違いますよね。立ち合いが重かった」と言うが、また1つ経験値を上げた一番となった。