大相撲秋場所10日目の17日、西前頭14枚目の豊ノ島(36=時津風)が休場した。

右足首付近に痛みを抱えていた。9日目まで1勝8敗と負け越しが決まっていた。10日目に対戦が組まれていた錦木は不戦勝。休場は幕下だった2018年初場所以来10度目。

東十両12枚目の青狼(31=錣山)も休場。8日目(15日)に「急性胃腸炎」で休場し、10日目から再出場の予定だった。9日目までは2勝6敗1休。10日目の対戦相手、幕下若元春は不戦勝。(共同)