朝乃山は序盤戦で横綱鶴竜から初金星を挙げるなど混戦を演出し、2度目の殊勲賞を受賞した。

今場所前は蜂窩(ほうか)織炎の影響で、ほとんど稽古できていなかっただけに「三賞をもらえるとは思っていなかった」と感謝した。一方でこの日の取組は明生に敗れ「体を生かして前に出ればよかった。左上手も1枚しか取れなかった。全部取っていれば…。稽古不足です」と、悔しさを見せた。