日本相撲協会は28日、九州場所の新弟子検査(30日)の受検者を発表し、優勝32度を誇る元横綱大鵬(故人)の孫、納谷幸成(18=大嶽)ら2人が申し込んだ。

納谷は元関脇貴闘力の四男で、3番目の兄も大嶽部屋の幕下力士。