大相撲九州場所7日目の16日、右肋(ろく)軟骨骨折で5日目から休場した西関脇の栃ノ心(32=春日野)の1場所での大関復帰が消滅した。発表された8日目の取組に入らず、復帰条件の10勝に届かないことが決まった。7日目まで2勝3敗2休。

左足首の負傷で2日目から休場した東大関豪栄道(33=境川)も8日目の取組に入らず負け越しが決定し、来年1月の初場所は9度目のかど番で迎える。

栃ノ心は昨年7月の名古屋場所で新大関に昇進したが相次ぐ故障に苦しんだ。関脇に転落した今年夏場所で大関復帰を決定させたものの翌場所から2場所連続で負け越し、再び今場所で関脇に落ちた。ここまでの在位7場所は年6場所制となった1958年以降で、2代目増位山と並び2番目の短さ(最短は大受の5場所)。(共同)