腰痛のため大相撲九州場所を初日から休場した横綱鶴竜が来月1日からの冬巡業に最初から参加する見通しとなった。

師匠の陸奥親方(元大関霧島)が24日、明らかにした。同親方は「出る方向。四股も踏める状況になっている。順調に回復している」と説明した。左足首負傷で途中休場した大関豪栄道は全休する予定。腰痛で8日目の取組直前に休場し、来場所は関脇に転落する大関高安は今後の状態を見て巡業参加を決める。