大相撲の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は4日、東京・両国国技館で5月30日に実施予定だった赤い綱を締める還暦土俵入りが延期になったと明らかにした。

新型コロナウイルスの感染拡大により夏場所が2週間延期されて5月24日初日となり、日程が重なっていた。新たな日程は国技館の空き状況を見て決める。7月6日に60歳の誕生日を迎える伊勢ケ浜親方は「何とか8月にできればいい」と話した。還暦土俵入りをするのは2015年5月の故・先代九重親方(元横綱千代の富士)以来。不知火型では1937年の太刀山以来で83年ぶりとなる。