西前頭6枚目輝(26=高田川)が、小兵の炎鵬との中学の同級生対決を制した。

足取りを狙ってくる相手をうまく遠ざけ、その後も懐に入れずに突き出した。

2人は同学年で、金沢市立西南部中の相撲部に所属していた間柄。輝は中学卒業後、炎鵬は金沢学院大を卒業後、それぞれ角界入りした。

通算成績4勝1敗とした輝は「相手が何をしてくるか分からない。自分のかたちを意識した」と振り返った。