前日までの2日間で計3番の物言いがつく相撲を取っていた大関正代(29=時津風)が平幕の竜電(30=高田川)に、格の違いを見せつけて寄り切りで快勝。平幕の大栄翔(27=追手風)とともに2敗を守り、優勝争いで後続に2差をつけた。

流れるような相撲で左、右と二本を差し、右のかいなを返しながら体を預け、危なげない相撲で竜電を正面土俵に寄り切った。完勝を八角理事長(元横綱北勝海)は「今日みたいな相手は突き放してくるわけじゃないから、安全に勝つことが大事。安全に勝てるということは実力があるということ」と評価した。内容も伴う2ケタ10勝目に「土俵際も落ち着いていた。内容もそうだけど、1つ勝つことで気持ちが上がってくる。残り3日も大事」と心中を察したが、大栄翔とどちらが優勝に有利かについては「どっちが有利というのは(この時点では)ない」と話した。