日本相撲協会は13日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

当該力士は発熱と関節痛を訴えたため、12日にPCR検査を受検したところ、この日に陽性が判明した。部屋名は非公表。居住地の保健所の指示に基づき、濃厚接触者の調査、入院や療養等を行うとした。