在職中に背任的行為などをしたとして日本相撲協会が元顧問の小林慶彦氏と同氏が代表取締役を務めたコンサルティング会社に損害賠償を求めた訴訟は13日、東京地裁で口頭弁論が開かれ、原告側の証人として協会の事務方責任者、宮田哲次主事が出廷し、小林元顧問が両国国技館の改修工事などを巡り裏金を受け取っていたと証言。宮田主事は小林元顧問が受注業者の選定を主導し追加工事が必要となったため協会に損害を与えたなどと述べた。協会側は5億1000万円ほどの損害賠償を求めている。