大相撲の間垣親方(元横綱白鵬)が初場所5日目の13日、東京・両国国技館内の相撲博物館でトークイベントを開き、史上最多45度の優勝を記録した現役時代の逸話などを披露した。

連勝が63で止まった2010年九州場所の稀勢の里戦は映像を見ながら解説。土俵際に押し込んだ場面で一時停止させ「この瞬間に勝ったなと思ってしまった。その時点で負けだった」と心境を振り返った。

昨年9月の秋場所限りで引退し、装いは洋服に。ズボンのファスナーを時折閉め忘れる悩みを告白し「20年間着物だったから…」と照れ笑いを浮かべた。

博物館では自身の特別展が開催されている。新弟子時代に相撲教習所のノートに描いた「未来の横綱白鵬」の絵も展示されており「貴重なものなので、ぜひ見てほしい」とアピール。相撲とは、と問われ「私の生きる道。こうなったら会場が沸くというような力士を育てていきたい」と答え、拍手を浴びていた。