大相撲の大関貴景勝が20日、小結大栄翔らがいる埼玉県草加市の追手風部屋に出向き、同じく出稽古の幕内霧馬山らと精力的に30番取った。

16日から同部屋を訪れ、連日20番以上取っているという。「せっかく出稽古できるので、積極的にやろうと思った。新鮮というか、うれしい気持ちがある」と充実感に浸った。昨年の名古屋場所で首を痛め、最近は2場所続けて8勝7敗と精彩を欠く。立ち合いで頭から当たる相撲が持ち味だけに「首が怖くて当たれないなら、引退した方がいい」と悲壮な覚悟を吐露。「膝や肘は2つあるけど、首は1つしかない。気を付けてもけがをするが、大事にしながら頑張っていく」と話した。