日本相撲協会は28日、西前頭4枚目の高安(32=田子ノ浦)と同部屋所属の幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、田子ノ浦部屋では今後定期的に検査を行い、その結果で名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の出場可否を判断するという。相撲協会は名古屋場所へ向け、28日に協会員全員を対象にPCR検査を実施。2人以外は全員陰性だった。