大相撲の冬巡業が3日、長崎市で始まり、九州場所で初優勝した幕内阿炎(28=錣山)はファンから祝福を受け「そういう声をいただけてうれしい。来年の自分の相撲につながっていく」と話した。稽古では体を軽く動かす程度にとどめた。

不整脈などで入院し、場所を休場していた師匠の錣山親方(元関脇寺尾)は退院。電話で優勝を報告し「『会話の内容は言うなよ』と言われたので、伝えられない。すごく喜んでくれた」と笑みを浮かべた。冬巡業は14日まで九州、近畿地方などで8日間開催される。